沼の家

numanoya_main

1905年(明治38年)創業の「元祖 大沼だんご」の製造元。初代堀口亀吉が、岡蒸気に乗って大沼にやってくる観光客向けに新粉の団子を作って販売したのがはじまり。変わらぬ製法と伝統の味を守り続けています。

オーナーからのメッセージ

「大沼だんご」は折で、大沼湖・小沼湖を表現し、団子を串に刺さないのは、湖面の浮島に見立てています。
なお、胡麻折は製造数が少量のため「沼の家」でのみ販売しております。(オーナー:堀口さん)

住所 亀田郡七飯町字大沼町145
電話 0138-67-2104
料金・サービス

■大沼だんご(あんと正油・胡麻と正油)小折\390・大折\650 
■紅葉ようかん1本\670

営業時間 8:00~18:00(売切次第閉店)
定休日 無休
駐車場 有(普通乗用車4台)
アクセス JR大沼公園駅前、徒歩1分
ウェブサイト

http://www.hakonavi.ne.jp/oonuma/o_numanoya.html

沼の家の地図